商業登記

商業登記とは、なんでしょうか?

 普通の人であれば、役所に行けば住民票や戸籍があります。それを見れば、その人がどこに住んでいて、どのような出自なのか証明してもらうことができます。商業登記とは、会社にとっての住民票や戸籍のようなもの。その会社の本店がどこにあるのか、どのような事業を行っているのか、代表者はだれなのか、といった、会社の情報を公開するためにある制度なのです。

 したがって、これから会社を設立しようとする時には、必ず「会社の設立登記」というものを行わなければなりません。また、会社が本店を移転する時、役員の任期が満了した時など、様々な場合に登記を行うことが必要となります。

 もしも、登記をいつまでも行わなかった場合は、どうなるのでしょうか?たとえば、役員の変更があった場合には、2週間以内に登記を行わないといけません。登記を怠ってしまった場合には、裁判所から過料の制裁を課されることがあります。

 登記が必要になった場合には、速やかに司法書士に相談することをお勧めします。

つばさ司法書士事務所 TEL 0857-50-0918      E-Mail dream@office-tsubasa.net

  • LinkedIn Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon