Skip to main content

トラブルがない、笑顔の社会を目指して             鳥取の皆様をサポートします!

つばさ司法書士事務所 

お問い合わせ
武富士の経営破綻について
つばさ司法書士事務所
不動産登記・相続
商業登記
借金返済・過払請求
成年後見
遺言の作成
相続手続について
相続人・相続分
相続財産の調査
遺産分割協議
相続放棄とは
裁判業務
事務所のご案内
サイト マップ
相続財産の調査
 
 
 相続人は、亡くなった方(被相続人)の財産のすべてを相続することになります。被相続人の財産の中には、プラスの財産(積極財産)もあれば、消極財産もあります。被相続人がなくなれば、速やかに、相続財産を調査しなければなりません。
 
 
代表的な相続財産は、以下のようになります。
 ①現金
 ②預貯金
 ③株式・有価証券
 ④不動産
 ⑤自動車
 ⑥家財道具
 
 
 預貯金の調査の仕方
 
 まず、預貯金については、死亡したことを証明する戸籍などを持っていけば、預金口座をロックしてもらえます。これをしないと、誰かが預金を引き出してしまう可能性があるので注意してください。
 
 
 預貯金については、相続人のうちの1人が銀行に行けば、現在の時点での残高の証明書を発行してもらうことや、過去の入出金の明細などを発行してもらうことができます。取引があるかどうかわからない銀行についても、窓口で聞けば、全支店の取引を照会できます。
 
 
 預貯金の動きに不自然な点がなければ、残高証明書で十分でしょう。しかし、もしも不正に預金が引き出されているなど、トラブルの可能性がある場合は、過去の取引履歴も求めるべきです。

不動産の調査の仕方

 

 

  不動産については、市町村役場から送られてくる固定資産の納税通知書などがあれば、所有する不動産の概要が把握できます。また、市町村役場に「名寄帳」を請求すると、その役場の管轄する不動産について、被相続人の所有不動産の一覧表がもらえます。

 

 

 名寄帳や納税通知書などで不動産の一覧を把握した後は、法務局で登記事項証明書を取得し、登記記録がどのようになっているかを確認します。不動産の規模、用途、所有者や担保に入っているかどうかなど、様々なことを確認できます。

 

 

 

貸金庫を使っていた場合

 

 

 被相続人が貸金庫を利用していた場合、原則として相続人全員が立ち会うことによって、貸金庫の中身を確認することになります。立ち会えない相続人からは委任状をもらうことになります。

 

 

相続債務の調査

 

 

 被相続人が負債を抱えているかどうかは、非常に重要です。特に忘れがちなのは、誰かの連帯保証人となっている場合や、連帯債務者となっている場合です。契約書や不動産の登記事項証明書などをチェックし、後になってから思わぬ債務に苦しめられないように注意しましょう。