Skip to main content

トラブルがない、笑顔の社会を目指して             鳥取の皆様をサポートします!

つばさ司法書士事務所 

お問い合わせ
武富士の経営破綻について
つばさ司法書士事務所
不動産登記・相続
商業登記
借金返済・過払請求
成年後見
遺言の作成
相続手続について
相続人・相続分
相続財産の調査
遺産分割協議
相続放棄とは
裁判業務
事務所のご案内
サイト マップ
相続人・相続分とは?
 
 
 亡くなった方のことは、法律では被相続人と呼びます。被相続人の財産や負債を受け継ぐ人のことを、相続人と呼ぶのです。
 
 
 亡くなった方の配偶者は、必ず相続人になります。ただし、離婚していた場合や、入籍をしていない場合などは相続人にはなりません。
  
 
 配偶者のほかに相続人となる可能性があるのは、被相続人の子や孫、親、兄弟姉妹などです。相続する順番や割合は、民法で決まっています。
 
 
<法定相続人の順位>
第1順位者 子
第2順位者 親
第3順位者 兄弟姉妹
 
 
<法定相続分>
配偶者と第1順位者(子)の場合
 配偶者が2分の1、第1順位者が2分の1
 
 
配偶者と第2順位者(親)の場合
 配偶者が3分の2、第2順位者が3分の1
 
 
配偶者と第3順位者(兄弟姉妹)の場合
 配偶者が4分の3、第2順位者が4分の1
 
 第1順位者がいない場合に第2順位者が相続人となり、第2順位者がいない場合に、第3順位者が相続人となるのです。

代襲相続とは?

 

 

 被相続人が亡くなる前に、第1順位である子が亡くなっていた場合はどうなるのでしょうか。その場合は、亡くなった子の子、すなわち孫が、相続人となります。これを、代襲相続と言います。

 

 

 

 同じように、第3順位である兄弟姉妹が相続人となる場合についても代襲相続が起こります。第3順位の兄弟姉妹が、被相続人よりも先になくなっていた場合、その兄弟姉妹の子が、すなわち甥や姪が、相続人になるのです。

 

 

相続人の調査の仕方は?

 

 

  このように、被相続人が亡くなった場合には、まずは相続人が誰なのかを、調査しなければなりません。そのために、各市町村の役所で戸籍を取り寄せます。

 

 

 人の一生のうちに、戸籍は何冊も作られます。婚姻の場合、養子縁組の場合、戸籍が法令で改正された場合、転籍した場合などに、戸籍が新しく作られていきます。

 

 

 従って、被相続人の昔の戸籍を調べるために、遠隔地の市町村役場に郵送で戸籍を請求したり、暗号のように複雑な戸籍を解読しなければならないケースも、よく見られます。