Skip to main content

トラブルがない、笑顔の社会を目指して             鳥取の皆様をサポートします!

つばさ司法書士事務所 

お問い合わせ
武富士の経営破綻について
つばさ司法書士事務所
不動産登記・相続
商業登記
借金返済・過払請求
成年後見
遺言の作成
相続手続について
裁判業務
事務所のご案内
サイト マップ
成年後見とは、なんでしょうか?
 
 
 
  認知症など、精神上の障がいによって、財産の管理が難しくなる方がいらっしゃいます。そのような方の財産管理をサポートするのが、「成年後見」制度なのです。
 判断能力が衰えた方が、悪質商法のターゲットになる事件は後を絶ちません。また、親族や身近な人が、無断で財産を使い込んでしまうことが多くあります。そうした方々の権利を、しっかりと守る必要があるのです。
 
 
 
  また、判断能力の衰えた方は、法律上は「行為能力」の制限を受けていると扱われるため、契約を結ぶことができません。そのため、施設に入所しようとしたり、不動産を売却しようとしたり、遺産分割を行おうとしても、独力で契約を結ぶことができないのです。
 
 
 
 日頃からの預金通帳の管理。医療費の支払い。施設に入所するための契約の締結。税金や公共料金の支払い。不動産の管理など。様々な財産を安全に管理するために使われるのが、成年後見という制度なのです。この成年後見制度は、家庭裁判所に「後見開始の審判」(「保佐開始の審判」「補助開始の審判」)をするように申し立てるところから始まります。
 そして、家庭裁判所から「後見人」(「保佐人」「補助人」)として選ばれた司法書士が、本人に代わって財産の管理をします。
 
 
 
  成年後見制度は、判断能力の衰えた方でも、人間らしく、生き生きと過ごすことを目指している制度です。従って、私たち司法書士は、後見業務を進める上では、本人の意思を最大限に尊重できるようにします。そして、本人の心身の状態や周囲の人たちとの関係に配慮をし、安心して生活できるようにサポートします。

なぜ、司法書士に頼むのでしょうか。

 

 

 

 「後見人」(「保佐人」「補助人」)について、司法書士や弁護士などが就任する場合、「専門職後見人」と呼ばれます。後見制度全体を見ると、司法書士などの専門職後見人が必要とされる割合は、およそ2割程度で、多くの場合は親族が後見人として選任され、財産の管理を行っていることが分かります。

 

 

 

 しかし、中には親族が後見人になることが適さないケースも存在します。たとえば、親族の間で遺産についての争いがある場合。頼れる親族がいらっしゃらない場合や、親族もまた障がいを抱えており、適切に財産を管理することが難しい場合などです。

 

 

 司法書士は、法律の専門家・財産管理の専門家として、常に冷静な立場から本人を支援できますので、難しい問題を抱えるケースでも適切に判断ができるのです。

 

 

 

  また、成年後見業務を行う司法書士は、「社団法人 成年後見センター・リーガルサポート」に登録しています。私たちは、このリーガルサポートでの研修を受け、常にリーガルサポートに業務の報告を行い、問題点があれば専門家同士で話し合い、資質の向上に努めています。家庭裁判所には、リーガルサポートの単位取得者の名簿が備え付けられていることからも分かる通り、「成年後見といえば司法書士」といえるくらい、私たちは成年後見に力を注いでいるのです。